ホームページ制作事務所ロコウェーブ(SOHO)
お問合わせ
  1. ホーム
  2. サービスのご案内
  3. ホームページ制作
  4. WEB標準(W3C)

ロコウェーブではインターネットに不可欠なホームページによるプロモーションをプランニングします

ロコウェーブでは、基本的にWEB標準であるWEB標準に準拠した
ホームページ制作(XHTML+CSS)を行っています。

W3Cとは世界のあらゆる情報を的確に伝える為のスタンダードとなる記述方法を指します。
つまりホームページ制作の世界基準となるものです。

ホームページ制作において、ここ数年で広がりを見せているW3Cですが
実際に対応しているホームページは そう多くはありません。
W3Cを準拠しているサイトとは、一般の利用者が最適に利用できる、目の不自由な人も利用できる、ソース(設計図のようなもの)が一定の決まりに沿っているといったものです。せっかく制作したホームページがお客様の一部に見てもらえない・・・それは機械損失を生むことに繋がります。

WEB標準に準拠したホームページ制作のメリット

W3C準拠するホームページ制作のメリット一覧。ファイルサイズの軽量化、更新頻度との関連性、多媒体からのアクセシビリティ、SEO対策に強い
CSSによるW3C対応で検索エンジン効果

ホームページを制作するにあたり、W3Cチェックを行うことは、SEO対策のひとつの目安です。
今までの主流だったテーブルタグを使ったホームページに比べHTMLソースが明確化され検索エンジンが読み込む部分が明確になり、GoogleやYahooの検索ロボットから好まれるとされています。

PC以外からのアクセシビリティ

今や携帯電話からホームページを閲覧することは当たり前になり、若者を中心としてPC以外の複数媒体からのアクセスが増加しています。そしてそれは、それぞれの環境に対応したWeb標準に準拠したホームページの必要性に直結します。スタンダードとなりつつあるW3Cに準拠することで様々な顧客にアピールすることができることはホームページの存在意義そのものだと考えております。

ファイルサイズの軽量化

検索エンジンはホームページの内容を調べます。膨大なテキストデータが有利かというと必ずしもそういうわけではなく、キーワードの出現率、互いの関連性、文章とホームページ内容の整合性等、様々な要因を重要視し検索結果に反映させるとされています。検索エンジンは場合によっては、HTMLファイル全てで読み込まずにクロールします。その際にXHTML+CSSで構成されたWeb標準のソースは、それまでのtableタグでレイアウトを行わずCSSによりレイアウト、装飾を行うため、ファイルサイズが軽量化され、サイトの表示速度が向上し、そのことがSEO対策に効果があると言われています。

更新頻度との関連性

ブロック単位で構造化されるWeb標準に準拠したソースはメンテナンス箇所が明確になり、更新作業・チェックが容易になります。 容易な更新環境は更新頻度を上げることとなり、更新頻度の高いサイトは検索エンジン対策にも効果的です。 更新頻度が高いサイトほどW3C準拠にてSEOで上位表示されるという結果がでています。